肌トラブル 食事内容

肌トラブルには食事内容とスキンケアの見直しを

ニキビは毛穴に汚れが詰まったり、ホルモンバランスや、過剰な皮脂でできてしまいます。
特に大人はストレスや生活習慣の乱れからできてしまう方も多いようです。

 

ニキビやニキビ跡、シミ等、悪化させないようにまず気を付けることは、食生活だと思います。
ビタミンを含んだ野菜を取り、飲み物は清涼飲料水ではなくお茶に、油っぽいおかずは控えるようにします。

 

ここで大切なのは、食事量を極端に減らしたりしないことです。
空腹では、ストレスがかかりますし、お肌の回復力も出てきません。

 

食事内容としては、昔ながらの煮物やみそ汁というような自然派を意識すると良いかもしれません。
スキンケアも食生活と並行して大事にしたいです。

 

洗顔後、肌の水分がまだ残っている間に、化粧水やクリームや美容液等で必ず保湿します。
肌が乾燥した状態では、角質が柔らかくならないので、毛穴詰まりの原因になりますし、肌にはストレスです。

 

また、ニキビができてしまっても、なるべく指で潰したりしない方が良いです。
自然に潰れてしまった場合でも、その後徹底集中して美白化粧品を使い続けることでニキビ跡といった色素沈着は防げると思います。

 

 

難波にあるおすすめのにきびエステはココ!!